グラスの向こう

グラスの向こうに・・・

 

高層ビルのあかり
マホガニーのカウンター
華やぐ話し声

寂寞な闇夜

 

 

そのどれでもなく・・・・

 

 

 

さんかくの耳が見えた。

お酒でなく
会話でなく
眠りでもなく

ただゆっくりと静かに
さんかく耳をもつ住人(住犬?)と過ごす
とても贅沢な夜。