ガリレオ

そう、あのガリレオです。
といっても、かのイタリアの科学者ガリレオ・ガリレイではありません。
東野圭吾さん原作のドラマ&映画のほうです。

容疑者Xの献身、見てきました。

映画館なんて、紅の豚 以来(どんだけ前やねん・・・)
こんな田舎ですが、近くに小洒落た映画館があったのです(笑)

映画は・・・ドラマ通りの配役と、犯人役の松雪さん、堤さんetc.
ええ・・面白かったです。

堤さんの枯れ具合が、もうカレセンには堪りません(ぇ

映画館は暗いし、画面も大きいし、感情移入効果抜群です。
すこし、じわっと目頭が熱くなりました。(鬼の目にも涙?(笑)
ストーリーはネタバレするといけないので、この辺で。

で、挿入歌だった↓コレ

歌ってみたんですね。カラオケで・・・。

こんな、コッパズかしい歌・・・素では歌えませんよ(笑)

そうそう、我が家にはもうひとつガリレオがあります。
中央のガラスの筒のようなもの↓

ガリレオ温度計と云うそうです。

とある事があって、カタログギフトから選ぶ際に見つけて一目惚れしてしまいました(*ノノ
フツーこんなギフト選ばんやろ~とかの非難の声も、この耳にはただの雑音(笑)
このサイズはSSらしいので、あと2サイズ(SとM?)揃えて3本並べるのが夢です。

中のボール状のものが上下して、アバウトな温度を教えてくれます。
どこがガリレオなんだろうと、調べたところ

ガリレオが唱えた比重測定原理に基づいた温度計とは違うもののようで
科学ぽい=ガリレオ そんなカンジのネーミング???

ネーミングはともあれ、ぱぱいあはこのガリレオ温度系のキュートな魅力を満喫しています(笑)
なんだか見ているとガリレオを瞑想したくなりませんか?
コペルニクスとか、天動説とか、地動説のあの時代を・・・・・。

  「それでも地球は回っている」